乾燥から赤ちゃんを守る秘訣|我が子のためにするべきこと

使用頻度が高いベビー用品

親子

使うメリットはいろいろ

家の中でも外出した時でも、利用頻度が高いのが抱っこ紐です。抱っこは赤ちゃんに安心感を与えるので親子のスキンシップとして大切なものです。しかし、赤ちゃんの体重を腕だけで支えるのは抱っこする人の負担が大きく、長い時間でも安定して抱っこするためには抱っこ紐があると楽です。抱っこ紐を使う利点は、赤ちゃんの体重を分散させて体に負担をかけないことや、両手がふさがらないことなどがあげられます。抱っこ紐は商品ラインナップが充実してます。産まれたばかりの赤ちゃんは首が座ってないので横抱きにするのが一般的ですが、首が座ってなくても縦抱きができるタイプの抱っこ紐もあります。バックルがついていて肩や腰でしっかり重さを受け止めるタイプや、布だけでできているものもあります。布だけでできている抱っこ紐はコンパクトに折りたためるので、外出時にバッグに入れておけて便利です。また、抱っこ紐を使うと手を赤ちゃんから離しても大丈夫なので、外出時に荷物を持ったり、抱っこしながら家事をすることもできます。外出時に使うものとしてはベビーカーもあります。ベビーカーに赤ちゃんを乗せると移動が楽ですが、階段の上り下りや電車に乗る時などは折りたたむ必要があったり、狭い店内には入りにくいなど、行動に制限が出ることがあります。その点、抱っこ紐であれば身軽に自由に行動することができます。抱っこによる身体への負担軽減になり、活用できる場が多いことが、育児に必要なグッズとして抱っこ紐が選ばれる理由なのでしょう。